株式会社RJCはJavaなどの分野で知られる会社です。この会社のクオリティを支えているのは研修制度に他なりません。丁寧な研修制度によって多くの方が実力をつけることができ、新しい戦力としての貢献を続けています。その研修制度の内容について解説していきます。初心者の方でも安心して教育を受けることが出来るので、RJCは常に安定したサービスを行うことが出来ていると言えるでしょう。

丁寧な研修の仕組みについて

株式会社RJCの研修が丁寧である1つのポイントとしては、段階に合わせて指導していることが挙げられます。Javaについてはある程度学んだことのある方から、全くやったことのない方まで様々な方がいることが想定されるので、その段階に合わせたカリキュラムを用意しています。そもそもの仕組みから学ぶことが出来ることが大きなメリットと言えるでしょう。例えば条件の分岐を学ぶ際にも同様のことが言えます。JAVAには条件分岐という機能があります。これはある条件によって表示させる画面や処理を変えるものであり、運営していく上で欠かせない機能の1つとなっています。どうすれば条件を設定できるかについて、じっくりと学ぶことが出来るので実践にも繋がっていきます。アプリケーションから学ぶことも出来るので利便性も高いです。その他にもメソッドの使い方や継承など、必要と考えられる仕様を次から次へと学べるシステムが用意されています。

オンラインを活用した研修も

研修は基本的に社内で行われますが、スキルアップなどを心掛けている方の場合は自宅でも技術を磨きたいと考えている場合もあるのではないでしょうか。そこで株式会社RJCではオンライン研修も行っています。外部の教育システムを利用することによって、様々な技術を取得することが出来ます。オンライン研修は基本的に動画を用いて行われます。しかし、動画を見るだけではありません。その動画の中に分からないところがあった場合には、質問などをすることも出来ます。そうして双方向的に研修を受けられるところにメリットがあります。出社していない時でも行えるので効率が良く、必須ではありませんがスキルアップには有効となります。動画は様々なものが存在していて、自分の高めたい能力に合わせて選ぶことも出来ます。ネットワーク環境さえ整っていれば研修を受けることができ、専用の機器も特には必要がないので利便性が非常に高いと言えるのが特徴です。

実践を通じて学びを深める

研修は基本的に学ぶことで進められますが、学んでいる中でこの内容がどう実践に活用されるのかという考えに至る方も少なくありません。いくら順調に教育を受けていたとしても、実践が全くの別物であれば効果を発揮しない恐れもあります。そこで株式会社RJCではアプリの制作を研修の中で行うことが多いです。アプリを作るという経験を通じて、新しい技術、自分に足りないもの、自分の強みを知るきっかけになることもあります。これは将来的に活躍をする中で大きな財産になると言えるでしょう。研修中のアプリ制作なので基本的に製品にはなりませんが、中には製品に匹敵するようなアプリが生まれることもあります。制作活動を行う中でメンバー同士の要望をまとめることも非常に重要となります。このように技術や知識以外の部分も学べることは、実践を用いた研修において大切な要素となっています。この研修は基本的に終盤になってから行われることが多いです。

問題の演習も欠かせない

株式会社RJCの研修には問題の演習も含まれています。問題を演習することによって、自分の中で強化すべきポイントを把握できるようになります。それはその後の研修においても重要な要素と言えるでしょう。問題演習と聞くと点数が悪かったらどうしようと考える方も少なくありません。しかし、この問題演習は点数で実力を測るタイプのものではありません。あくまで次の研修に必要な内容を推測するためのものです。それゆえにたとえ点数が悪かったとしても責められたりする心配はないと言えるでしょう。問題の幅は広く、かなり精通している方でも間違える可能性があります。逆に言えば全問正解出来るようになっていれば、相当な知識が身についていることが分かります。研修制度の中でもこのテストの存在は非常に大きく、テストに向けて勉強しようとする方もいます。とはいうものの、最終的には抜き打ちであっても全問正解出来る状態まで成長できる方が珍しくありません。

まとめ

RJCの丁寧な研修制度はそのまま豊富な人材力に繋がっています。安定したサービスを行うことが出来るのは、人材をしっかりと育てているからに他なりません。オンライン動画を用いた教育など、技術もフルに活用しています。その結果、転職者でも安心して働ける環境が実現したと言えるでしょう。自分の実力と客観的に向き合う機会が用意されていることも、研修制度の大きな特徴になっています。